HOME>注目記事>資格の種類と資格を取得する事で広がる可能性と待遇面
食事

介護現場で求められている資格は3つ

介護業界では様々な資格が存在しており、有資格者が求められている傾向にあります。特に国家資格の介護福祉士以外にも介護技術や知識を習得している証になる実務者研修・主任者研修の資格は求人において最低条件としている場合もあります。介護現場では主に高齢で体が一般の方より弱い方を対象にしています。その為知識不足による判断ミスや基本を理解していない介護技術では、大きな事故に繋がります。その為介護について技術や知識を習得している証は信頼性が高まります。またこれらの資格以外にも取得する事でスキルアップや職場で活かせる資格も増えています。認知症ケア専門士など現場で活かせる研修や資格も増えています。

就職してから取得を目指す手もある

介護業界で働く上で資格は必要と言うわけではありませんが、昨今では非常に注目されている業界である為素人を現場で活用する事業所も減少しています。無資格で働いていた場合でも、事業所から資格取得を勧められる事も多く、働きながら取得を目指せます。介護福祉士や実務者研修等の取得には研修に参加などの条件があり、取得まである程度の期間が必要です。求人では有資格者を募集している事が多いですが、取得まで時間も掛かりますので自身の状況によっては資格不要の事業所を探す事も有益です。会社は資格取得を後押ししていますので、会社のバックアップの基で働きながら取得を目指せる事も多いです。

内部1テキストリンク1

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-1

内部1テキストリンク2

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-2

内部1テキストリンク3

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-3

内部1テキストリンク4

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-4

内部1テキストリンク5

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-5

広告募集中